冬には福岡で出会いがあり由来を知る
0


    柳の葉を嘆き、こぼす福岡で出会い
    *私は月と哀thingsすることを考える
    (西行き)

    季節の言葉は柳魚福岡で出会い
    初冬のシーズン
    幼年期の言葉は焼き付けられている

    キュウリの家族の魚。全長は約15センチです。秋から冬にかけて川を上って卵を産みます。福岡で出会いで有名です。ししゃもは、アイヌ語の「柳の葉の形をした魚」に由来すると言われています。

    一瞬火に輝く柳の魚
    (土井明子)

     

    福岡出会い
    次世代の魚を食べるヤナギ
    (山田みづえ)

    アイヌの伝統によると、神は柳の葉を魚に変えました。前の柳は魚を残します。

    俳句を作るまで、漢字でししゃも書きませんでした。
    「やなは魚」には「この漢字をどう読むの?」といった質問が出そうです。

    ゆっくりと子供をscる福岡で出会い

    こぼれた柳卵たて
    (三宅弥生)

    あれは。。。になる。福岡で出会い
    ローストエッグの色は月。

    あなたが恋に落ちるとき、あなたは月と卵に涙をこぼすことができます。
    大変だったからです。

    正直に言うと、シュレッダーとの愛のフレーズは本当に難しいです。

    愛のない日福見おもひねこやなぎ
    *愛のない稲妻を振り返る
    (寺山修司)

    ねこやなぎ
    早春福岡で出会い

    posted by: fukuoka863gi | - | 12:26 | comments(0) | - |